進化系?のドローイング/JAPANATION始まるTOGにて

2012年 01月 10日

8日からTobin Ohashi GalleryでJAPANATION始まりました。初日夕方ギャラリーを訪問。たくさんのお客様に来ていただきました。私は今回、自分のレギュラー作品、古色や庭園をテーマにした花影〜山水〜秘色〜仮山などのシリーズで赤い日の丸のような10号ほどの「紅仮山」の新作を出品いたしました。
しかし、なんといっても今回の尾形メインは、「飛石」の新作、屛風タイプのインスタレーションでしょうか。実は、この「飛石」というシリーズは和紙に絵具といったシンプルな材料で、レギュラーのカンバス平面シリーズ制作のための予備的な準備運動?という感じ?または彩色のメインワークの後のクールダウンといった感じの「サブワーク」でした。ちょっと頭を整理するための?だからアトリエには無造作にこの「飛石」が山積みになっていたりもします。フリードローと行った感じ。制作の着地点があまりはっきりしない。そこが良くてやっている。今回は、折り本形式の半立体から、このようなタイプの屛風形状の作品になりました。いわゆる進化系で、次回はまた変わっていくかもしれない。屛風と日の出、日の丸を思わせる赤い作品との組み合わせは、ランプシェードのようなライティング含め、ギャラリーの大橋氏のアイデアでもあります。これならプロダクト的に扱っても面白いのかなと思ったりもしています。ギャラリーのキューレションに助けられている感じですね。
a0250454_23404296.jpg
a0250454_23415331.jpg
a0250454_23413517.jpg
[PR]
by ogatajun | 2012-01-10 23:49 | Comments(1)
Commented at 2012-01-11 17:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。