Chardin展に。

2012年 11月 27日

今日は友人とともに、三菱一号館美術館へシャルダンを観に行った。この美術館もステキなスペース。西洋の古典名画の美術展は最近日本でもよく開催されるが、このあいだのレンブラント展に続き、シャルダン展だけは特別な思いで観に行った。浪人時代にシャルダンの複製や画集を見ては古典洋画の研究をしたものです。当時、古い亀裂のある静物画に魅力を感じたものだ。わりと小さい作品とは知っていても、実際、かなり小さい。やはり絵は大きさじゃないと実感。光を活かしたこの自然な描写は説明的でなくその場の佇まいがいい感じで表現された、まさに空間の表現といえる。作品はキャンバスだけでなく、銅板に描かれた作品もあり、テクスチャーの美しさも実感。いそがしい時期でしたがステキな展覧会を満喫。
a0250454_15491075.jpg
a0250454_15482062.jpg
[PR]
by ogatajun | 2012-11-27 22:05 | Comments(1)
Commented by desire_san at 2012-12-25 09:43
こんにちは。
私もシャルダン展を見てきましたので、楽しくブログを拝見しました。。
「食前の祈り」は心温まるすばらしい作品でしたね。
静粛の巨匠を感じさせる静かな雰囲気の静物画もすてきでしたね。

私もブログにもシャルダン展について書いてみましたので、ご意見、ご感想などコメントなどをいただけると感謝します。