清宮質文展にて

2012年 12月 15日

今日は用務もあり銀座を一丁目から八丁目まで何回か歩く。いろいろと廻ったが八丁目のミウラアーツ前の看板に清宮質文展の看板が。この画廊ではもともと清宮さんを取り扱われておられる。今日は迷わず中に入ってみた。小さな水彩と版画が整然と並んでいる。清宮は、この展示に観る版画水彩に加え、今日は無かったがガラス絵もある。またこのひとの油彩もいいのだ。芸大の研究室に在学中、当時の芸術資料館でこの清宮の自画像の油彩を観たことがある。清宮作品らしくモノクロっぽいクールな作品だった。芸大時代に観たいわゆる「自画像」作品で、もっとも印象的だったかもしれない。静かな清宮の世界は水彩のテクスチャーも神業といえる。でも神業?技に見えないところがいいのだ。今日ミウラアーツで拝見した作品、とりわけ絶筆と並んだ水彩が良かった。新しくも古くもない、未来も過去もない、その世界に何時も魅了されるのが清宮質文の世界だ。絵はDMより。(ポートレート写真はミウラアーツHPより転載)
a0250454_0305557.jpg
a0250454_0304233.jpg

[PR]
by ogatajun | 2012-12-15 00:33 | Comments(0)