人気ブログランキング |
パワーを拝受。「アジアをつなぐー境界を生きる女たち1984-2012」展

2013年 03月 06日

今日は用務あり宇都宮にある栃木県立美術館へ。開催中の展示は、開館40周年記念企画展。企画されたのは学芸課長の小勝禮子さん。アジアの女性作家の80年代から現代までの世界を概観したもののようです。アジアの女性作家、もちろん日本の気鋭の作家も登場。様々なアジアの国々からの作家たちの作品が展示されています。ワールドカップやオリンピックもそうでした、近年、女性のさまざまな分野での活躍は目覚ましい。この展示でも作品の質の高さに圧倒。
展示室に入ると、まず韓国のイースギョンさんの炎を表現した平面が。白地に繊細な筆致で描かれている。上階で出会ったのはベトナムの作家レー・ホアン・ビック・ホンさんの絹に描いた水彩だ。どことなく懐かしい諧調、雰囲気の作品。面を被った女性像。アジアの作品は新鮮な中にも懐かしさを感じる。この色調のデリケートさはどことなく日本的。この作家は日本にも滞在経験のある方らしく、また、エゴンシーレや、歌麿が好きだとか。なるほど〜和が入ってますね。アジアには繊細でかつ迫力のある頼もしい女性たちがたくさん活躍しているようですね。大いに刺激され、エネルギーを貰いました。まさにキレキレの展覧会。必見の展示です。
今月24日まで。
「アジアをつなぐー境界を生きる女たち1984-2012」展
1月26日(土)〜3月24日(日)まで
a0250454_2158728.jpg
a0250454_2157403.jpg
a0250454_21573056.jpg

by ogatajun | 2013-03-06 21:59 | Comments(0)