水泳に。

2016年 11月 01日

毎朝の運動は絵を描く人生の中で、欠かさないルーティーン、若い頃から続けているトレーニングだ。家のなかには小さな稽古場がある。でも最近は夕方時々、近隣のスポーツセンターに泳ぎにいく。リニューアルしたスポセンはなかなか居心地がいい。
もう息切れして大して泳げない素人のオッサンだけど、泳ぎは子供の頃、その昔にオリンピック選手であった古橋廣之進選手が設立したトビウオスイミングクラブに通い身につけたものだ。そこは本格的な施設で、けっこうスパルタなスクールとしても知られ、週末は記録会もあり選手コースもあった。水にぬれても破れない紙にプールの中でタイムを描いてもらったのを覚えている。また、いまでは珍しくないけれど水中のフォームが見られるようになっていた記憶がある。当時としては本格的なクラブだった。なんだかとても古い話だけど。大井町にあったそのクラブをご存知の方も居られるかもしれない。
最近泳ぎにゆくスポーツセンターはそれほど混んでもいないし、とても泳ぎやすいところ。水泳は心身に溜まった何かを洗い流してくれるようで気持ちがいい。混濁した精神を整えてくれる気がする。
水は優しく力強い。海から生まれたというヒトは水で出来ている。そして私の使う描画材料もほとんどが水でできている。水におおいに恩恵を受ける毎日。
a0250454_2028565.jpg
a0250454_20275430.jpg

[PR]
by ogatajun | 2016-11-01 20:30 | Comments(0)