人気ブログランキング |
秋に向かって

2017年 09月 05日

最近はブログもさぼりがち。でも今年は年末に個展があり、そのための準備をこつこつ続ける日常だ。春に被った指の怪我はすっかり治ったはずが、最近ちょっとまた痺れたりする後遺症がある。それに加えて痛めた肘がなかなか治らない。今年は前半からちょっと辛い日々を過ごしてきた。制作の効率も落ち、手業もうまく行かないことも。でもこんな時だからこそできる仕事も続けてもきた。なかなか実らない年だが年末に向けて、大きな作品に取りかかるところ。
先日、国立新美術館でアルベルト・ジャコメッティ展を堪能。展示では短編の映像も流れ「動く」ジャコメッティも観た。間近で観る彫刻に加え、ジャコメッティの描くドローイングはきっと観たままの印象を刻んだ彼のリアリティなのだろ。そして油彩が素晴らしく魅力的。彫刻家には絵に長けた人が多い。ロダンもそうだけど。ジャコメッティの造形は頭の中に独特の形として焼き付いているけれど、展示最後の、晩年に描いたパリの風景の素描がとても新鮮だった。
a0250454_21541340.jpg

by ogatajun | 2017-09-05 21:56 | Comments(0)