桜谷展に

2018年 03月 21日

新聞の記事を見て観てみたくなり、アトリエからそう遠くない六本木一丁目の木島桜谷展に行ってきた。
この作家は動物画では第一人者のような方で、様々な作品が展示されていたが、紙面に紹介されていた「寒月」と題された作品は左右に広がる画面に、夜の竹やぶに一匹狼ならぬ一匹狐が歩く静寂な夜の景色を表している。孤独な野生の狐が描かれた夜の景色が美しい。銀箔を巧みに使い薄く煙のような色彩が夜の色を演出している。素晴らしい作品。これは見に来てよかった!と感服。夏目漱石のあまり芳しくない評価が残るこの作品だが、構成や色彩も素晴らしい。桜谷は夜の色を苦心したということを言っていたらしいが、巧みに表現されていた。たぶん描いた当時より銀色は枯れて良い味も出ているのだろう。近くには、金箔地に描かれた墨彩のような作品が素晴らしい筆勢で描かれている。迷いなく描ききっている感じ。
とても感心して帰ってきたが、そういえば、絵画に造詣の深い夏目漱石は吉田博の模写についても「三四郎」の中であまり感服しないと書いていた。吉田博のこの「メニッポス」というベラスケスのオリジナルから描いた模写は近くで見たりエックス線の資料も観た事があるが、模写にしては迷いや描き直しが見られない、一気に描いたような印象の作品だった。当代、様々な画家が試みた模写に比べると圧倒的に「巧い」という印象だ。しかし模写はいろいろな目的があって描く物だから良い悪いでもないのだろうけど。また模写は写しだけど、逆に描いたその人を感じることもできる。
おっと、話がそれたが、木島桜谷の世界とても良い刺激を受けてアトリエに戻った。
a0250454_14410544.jpeg

[PR]
by ogatajun | 2018-03-21 14:42 | Comments(0)