白鷺の城

2018年 07月 21日

今年もすでに後半。アトリエの引っ越しから始まった年だったが、新しい制作の場にもようやく慣れたところ。エアコンの効きの悪い夏の制作現場は、体力を必要以上に消耗し3キロも減量してしまった。この秋からの発表や企画のための制作を毎日繰り返す。春先から新作の実験は失敗の連続に陥っている。かなりの量のカンバスを廃棄してきた。考えている事、やろうとしている事と、出来る事が一致せず、いつも冷静であるはずが、ちょっと歯車が狂っている。
春先からはインテリア関係、レジデンスやホテルのパブリックアートの仕事もいくつか頂戴し、それはまた別のチャンネルで挑戦し制作を続けている。具体的な注文制作は実力を発揮しやすいものだ。目的地がはっきりしている旅のようなもの。でもキュレータの方や、設計の方の意見を聞いて具体的な形にする難しさもあるが、それが自分の仕事と思っている。
そのなかで、たまたま姫路に出来る新しいホテルのお仕事を頂き、作品を納品した状況を観てきた。実は姫路は以前から取材しようとまっていたところ。姫路城の傍らに「好古園」という九つに分かれた庭園を持つ、お城を借景にした珍しい庭がある。わりと新しく造成されたところではあるが、お城周囲の発掘調査で明らかになった武家屋敷や通路などの地割りの遺構を活かし造営された庭園だ。その中でもお屋敷の庭は優雅ですてきな空間。また、「茶の庭」も美しく、白壁の白鷺城を借景とした洒落た茶庭だった。姫路城の話はまた次回にでも。
a0250454_15482894.gif

[PR]
by ogatajun | 2018-07-21 15:47 | Comments(0)