2017年 11月 23日

今度は動くモネ?・シンガポール
シンガポールでの滞在中、時間を見つけてギャラリーや美術館へ赴いた。
今回は、シンガポールの国立美術館、National Gallery of Singaporeで開催中のCENTURY OF LIGHT展、モネやルノワールに焦点を当てた展覧会。オルセー美術館からの収蔵品だ。印象派の展示は日本でも既に何度も見てきたが、ちょっと覗いてみた。
モネやルノワールのみならず、改めて見るとセザンヌやシスレーといった秀作も並ぶ。展示室の間に、映像を流している部屋があり、滞在中に疲れた足を休めるべく、どっかり座ってそのモノクロの映画を見ていた。そこには動くルノアール、製作中の姿が。タバコを燻らせながら、キャンバスの前に座り、そばに佇むヘルパーのような人に手伝いをしてもらいながら制作している。ふと筆に目をやるとリウマチのように酷く曲がってしまった5本指に紐を巻き付けその間に筆を挟んで描いている。ちょっとしんどそうに見えるが、キャンバスとパレットを睨みながら筆を進める。晩年の豊かな絵とは裏腹に制作も容易ではなかったのだろう。今年、指に大けがをした僕は健康について真剣に考える日々があった。この姿勢は見習いたい。つづいて現れたのはモネだ。この時代の作家では一番好きな人だ。いったいどうやって描いていたのか?時々考えた事もある。このひとは抽象画の先駆者だろうと時々人に話す私。ロンドンで見たモネの抽象的な絵肌には描写ではなく、盛り上がるほどに塗り重ねられた絵具が飛び込んできた。モノクロ映画は、あの自分で愛でた庭を描く映像が流れだす。するとモネは、描く前に庭を見つめ、一定のピッチで眺めては描くという動作を夢中で繰り返していた。「やはり観て描いていたんだな~」当たり前だけど、自然現象に影響されながら観て描き写していたことをこの映像で確認した。ほんの10分ほどの映像は、僕にはおおきく迫る物があった。美術館はやはり学ぶ場だ。
a0250454_23224069.jpg

[PR]
# by ogatajun | 2017-11-23 23:21 | Comments(0)

2017年 11月 16日

シンガポールのAffordable Art fair Singapore に地元のギャラリーから出展します。
会場には、初日、最終日には滞在します。
11月16日木曜日ー19日日曜日
Affordable Art Fair Singapore returns to the F1 Pit Building this November. Over 65 exhibitors will present an array of original artworks. Join us to browse, buy and Bring Your Home to Life!
https://affordableartfair.com/fairs/singapore
F1 Pit Building ー 74 Duxton Rd, Singapore 08953 Singapore
○Booth bomber 3C-11 down at the fair
どうぞ、よろしくお願いします。

a0250454_11482912.jpg

[PR]
# by ogatajun | 2017-11-16 11:48 | Comments(0)

2017年 11月 08日

最近、よく映画館に行く。今回はゴッホ~最期の手紙~。ゴッホの油絵がぐにゃっと動き出すような面白い映像。美術館で見るゴッホの絵もグニャッと見える事があるような。その映像表現は100人以上の画家の手作業によるものだそう。本編の1秒は、なんと12枚の油絵を撮影した高い解像度写真によって表現するという驚くべきものだ。物語は、若くして亡くなったゴッホを取り巻く周辺から、死の謎を追ってゆく。そこにどんどんはまってしまう。映像は最初に実写で作りその上にタッチを表現しているのだとか。映画の中には出てくるオリジナル原画を見ると、やはりゴッホの描く形態は、映像の俳優に彩色した立体感とは違う、独自の強い輪郭が強烈。映画を通して豊かな才能と強烈で悲しい人生をおもう。
a0250454_22520231.jpeg

[PR]
# by ogatajun | 2017-11-08 22:57 | Comments(0)

2017年 10月 23日

秋も深まりもうすぐ11月。今年もあっという間に一年が経ってゆく。師走には発表がある。今年も色々と製作してきたけれど、ホテルやレストランなどの公共の空間を意識した作品もいくつか制作した。師走の個展ではインテリアとして制作した作品や、実際のプロジェクトを元に創ったプロトタイプ、計画倒れになったものなども含め展示して見ようと思う。また過去に描いた作品のなかからインテリアとして機能しそうな作品も展示に加えて今年一年間の新作も発表する予定。会場は時折り公共スペーへのお仕事をご一緒させていただいているアート企業のギャラリー。
どうぞ宜しくお願い致します。〜Art in Living
a0250454_23321018.jpg

[PR]
# by ogatajun | 2017-10-23 23:42 | Comments(0)

2017年 09月 05日

最近はブログもさぼりがち。でも今年は年末に個展があり、そのための準備をこつこつ続ける日常だ。春に被った指の怪我はすっかり治ったはずが、最近ちょっとまた痺れたりする後遺症がある。それに加えて痛めた肘がなかなか治らない。今年は前半からちょっと辛い日々を過ごしてきた。制作の効率も落ち、手業もうまく行かないことも。でもこんな時だからこそできる仕事も続けてもきた。なかなか実らない年だが年末に向けて、大きな作品に取りかかるところ。
先日、国立新美術館でアルベルト・ジャコメッティ展を堪能。展示では短編の映像も流れ「動く」ジャコメッティも観た。間近で観る彫刻に加え、ジャコメッティの描くドローイングはきっと観たままの印象を刻んだ彼のリアリティなのだろ。そして油彩が素晴らしく魅力的。彫刻家には絵に長けた人が多い。ロダンもそうだけど。ジャコメッティの造形は頭の中に独特の形として焼き付いているけれど、展示最後の、晩年に描いたパリの風景の素描がとても新鮮だった。
a0250454_21541340.jpg

[PR]
# by ogatajun | 2017-09-05 21:56 | Comments(0)