2012年 02月 23日

3月の7日より、銀座三越の8FギャラリーにてART in LIFE展を開催。
インテリアとギャラリーの初のコラボ展だそうです。カッシーナ・イクスシーをはじめとする家具とアートの競演。私の大作の新作で仮山のシリーズ「YARIMIZUNAGARE」をはじめ、小品なども数点出品販売される予定です。他にも多くの国内外の作家の方々の真新しい作品が見られるようです。楽しみにしています。
インテリアとアート。古来の日本人も生活空間と装飾をテーマにアートを楽しんでいました。江戸時代の「琳派」は、絵画や陶器をはじめとする調度品を生活空間のなかで演出する総合的な装飾芸術でしたよね。日常生活で活かされる芸術、ヒトのために、人の生きる空間にある現代の美術こそ自分の目指す美術ではないかとも考えています。
今回の企画はそんなことを考えると、面白い企画ですよね。口当たりのいいインテリアではなく、ちょっとドキドキするソファやチェアやアートに出会えるかもしれない展示です。
*ART in LIFE
会期:3月7日(水)〜13日(火)
午前10時〜午後8時(最終日は午後4時閉場)
会場:銀座三越8階ギャラリー
(写真:YARIMIZU-NAGARE」- 紅緋之仮山 130.5×187.0cm)
a0250454_10321479.jpg

[PR]
# by ogatajun | 2012-02-23 22:33 | Comments(0)

2012年 02月 16日

冬の制作は心地いい。なぜか集中できる。大型の作品から小品へシフトして制作を続けていた数週間、ふと気がつくと疲労もかなり溜まりあっという間にインフルエンザに感染。予防接種もしておらず、憑かれた身体に染み渡るような一撃。数日寝たきり生活を余儀なくされました。こんな高熱、8度以上も発熱したのは何時だったかなあ?毎夜うなされ、ようやく熱も7度台に落ち着き、徐々に平熱近くに。ふだんこんな風に昼間から寝ることもなく、今日はベッドの中でフレームのデザインなんかしていました。来月の発表では小品は額に入れての展示。
今回の小品は四角、円形、オーパルとあるが、いつもながら大きな画面の制作観とは違う世界、難しさや面白さも異なり簡単にはいかない。大作は画面の「入り」「流れ」「抜け」みたいなものが自分の感度というか、精神と一体となる感覚がある。全身を使うせいだろうか、だからミスや失敗も自覚できる。小品は片手で持てるような大きさ、こんなに小さい。頭の先からつま先までまんべんなく気を入れて描く大きな作品とは違い、失敗か成功かの景色の判断が難しいときがよくある。絵は小さいのに審美眼の画角が広がってしまうのだ。それがまた面白い。自然の中もそうだ。いい景色もそうじゃない景色も紙一重だから。今週中にはアトリエへ。
a0250454_17444934.jpg

[PR]
# by ogatajun | 2012-02-16 17:53 | Comments(0)

2012年 02月 08日

今日は少し前にアトリエを出てきました。絵具でふやけた手でドアを開けると、アトリエからは寒々とタワーが見下ろしています。先月から数点、2mほどの大作の制作を続行、そろそろ今日あたりから小品の制作にシフトしています。3月の展示の準備が続きます。まもなく展示のご案内などさせていただきます。よろしくお願いします。おがた
a0250454_2283729.jpg

[PR]
# by ogatajun | 2012-02-08 22:09 | Comments(0)

2012年 01月 23日

夕べのTobin Ohashi Galleryでのギャラリートーク、なかなか面白いものでした。吉田ますみさんの人生や人との関わりから生まれる絵画作品、また小野耕石さんの版画の世界と、その世にも珍しい手法。版画にたいする認識というか意識が変わりますよね。それぞれの作家と作品、人となりを垣間みることができました。そのあとの鳥番長での飲み会がまたよかったです。
私は、今回の新作の話、作画のテーマ、自然を手本に造られた「庭園」と「絵画」がクロスオーバーして形成される話や、仮山シリーズの進展をお話ししました。たまに話すというのは頭が整理されていいのかもしれません。
a0250454_23352998.jpg

[PR]
# by ogatajun | 2012-01-23 23:37 | Comments(0)

2012年 01月 18日

今週末の22日、日曜日の夕方はTobin Ohashi Galleryでアートトークがある。数人の作家の方々と参加させていただきます。いろいろなところで、アーティストトークの機会を頂きました。それぞれのスチュエーションによって緊張したり、話しすぎたり。またそれぞれの趣もありますよね。
TOGのアートトークは、いたってカジュアルでいいですよ。話す方も聞く方も。話しているととりとめも無くなるから!気をつけないと。話したいこともありますが、もともと話は巧くないのです。今回は他の作家の方々が居られるから少々気も楽です。
展示新作の話から、作画のテーマである「禅の庭」や庭園、山水、仮山などの制作の肝、技術のお話などさせていただければと思っております。
(写真は2010「禅の庭」尾形純展TOGアートトークより)

a0250454_22572578.jpg
a0250454_22571535.jpg

[PR]
# by ogatajun | 2012-01-18 22:59 | Comments(0)