人気ブログランキング |

2012年 06月 06日

思い出の中で生き続ける懐かしくも愛しい祖父は最初の絵の先生でもありました。画号は「陽信」という彫金師。いまでも居間の壁には私の七五三のときに彫ってくれた鯉が優雅に泳いでいます。今日は部屋の掃除で、久しぶりにその作品を掃除していると、ふと遠い日の思い出が蘇りました。
遊びにゆくと、幼い私はいつも祖父の仕事場に座りこみ鏨(たがね)で銅板を打つ真似をしました。時に、祖父は作品が完成すると三つ揃いのスーツを着て作品を風呂敷に包んで出かけて行く。遊びに行った日は昼過ぎまで制作し、私を連れて散歩に出かける。祖父に手を引かれ下駄の音を聞きながら夕暮れの道を歩いた思い出が居間の絵の中から静かに浮かんできます。
a0250454_2262610.jpg
a0250454_2261498.jpg
# by ogatajun | 2012-06-06 22:08 | Comments(0)

2012年 06月 03日

今月の個展に発表する作品は新作がほとんどだ。新作には毎回幾つかの実験的な要素が盛りこまれている。時には絵柄に変化がなくとも、考え方が新しい、なんていうことも。でも私の作品は作られる時の精神に大きく左右されるからそれも正解なのだと思う。
今回は、展示のライティングによってフワッと浮かび上がるエンボスっぽい表現。「庭」に存在する木々や岩組、池などは季節や時間によってその表情が変わる。そのような自然現象を表現してみたいと思いながらの実験。一見何も描いていないように見えるが、スポットライトでイメージが若干浮かび上がる。だから展示する場所によってもいろいろ変化していい。三越の会場は、ライティングが多彩だ。実際どのように見えるのだろうか。うっすら存在感を放ってくれればそれで良し。
a0250454_23314316.jpg
a0250454_23313052.jpg
# by ogatajun | 2012-06-03 23:31 | Comments(0)

2012年 05月 30日

来月の個展。主に新作の発表となります。今回の展示のタイトルには「利休庭園」。茶庭は簡素でむだを省いた世界。千利休は茶の湯の世界でも斬新で新しい物事を取り入れた独創的で前衛的な人であったと。しかし今ではポピュラーな利休にあやかり、このようなタイトルになりました。描写や説明のない抽象絵画と茶庭。つまり観てくださる方々と、説明のない一見して難しそうな抽象的な絵画との隔たりをなくし、作品に接近して頂くために選んだキーワード。企画したスタッフの方々と決定しました。また、私の作品が抽象的な表現でありながら「庭」とクロスオーバーするという事が「〜庭園」タイトルの所以になりました。
a0250454_23135478.jpg

# by ogatajun | 2012-05-30 23:16 | Comments(0)

2012年 05月 20日

週末に世田谷にあるギャラリーで湯のみを買った。湯のみ、焼き物は現代的な物から古物までなんだか買ったり譲り受けたりしてけっこう所有している。そのギャラリーでは震災から1年、陶芸家3名による再建の道のりを報告しつつ各自の焼き物作品を展示販売していた。
私は毎朝のワークアウト、身体を動かす前にお茶を一服かならずいただく。もう長い年月つづけている。朝の湯のみは見かけはもちろんちょっと大きく、茶碗の重心に気をつけたい。茶の湯の心得は無いけれど、この湯呑わりと椀の大きなもので、片手では飲みにくくなるところがいいです。なんか爺さんみいになってきたなあー。でも朝のこの時間が自分には大切。その茶碗を作った作家は、実は浪人時代の友人、戦友みたいな?ひとりで、最近フェイスブックで再会した。ん、FBで会えないけど。そこで旧交を温めていたという感じ。ついにギャラリーで再会したというわけ。彼は美大では絵画先攻だったが陶芸の道へ。会場では茶碗や皿など力強い作品が並ぶ。気に入った茶碗をひとついただいた。使っていくと味が出そうだ。いい感じの光沢。海外では油絵に観るような上薬の光沢が受けるという。
私もこの世界で発表してからあっという間に年月が経ち、最近になってギャラリーで昔の仲間たちとぽつりぽつりと再会する。なんともいい再会。
(益子からの報告—震災から1年—(岩見晋助)/Gallery ST. lvesにて)
a0250454_21502095.jpg

# by ogatajun | 2012-05-20 21:58 | Comments(0)

2012年 05月 19日

五反田、目黒。昔はよく飲んだ。焼酎やホッピーだよ。先輩と友達と。お金がなくても飲める街。昔飲んだ店はもう分からなくなっているけど、独特の風情は変わらない。こんなに夜景がきれいじゃなかったね。。。今日は五反田の呑みで終了。
a0250454_23561272.jpg
a0250454_23555810.jpg
# by ogatajun | 2012-05-19 23:58 | Comments(0)